幼稚園の学び

どんぐり自然学校・どんぐり幼稚園「学年祭」

五感をフルに使って「意志」を育てる

001幼児期は、毎日の規則正しい生活のリズムの中で身体と感覚器官を十分に使うことで「意志」を育てていくことが大切な時期です。 この時期は、目で見、耳で聴き、身体で触れたものを全て吸収します。精神的にも物質的にも、いかに良いもの・本物を吟味して与えるかということが大切な課題です。
日々の繰り返しのリズムの中で、たっぷりと自由な遊びに集中することによって、感覚器官を磨きながら、自主性と協調することの大切さを学んでいきます。
子ども達がいずれ「自分」というものに目覚め、自らの足で立ち、自らの目で世界を見ることができるように、ご両親と教師が共に協力し合いながら、愛情に満ちた人間関係の中で、子どもの生きる「意志」を大切に育てていきたいと願っています。

幼稚園での子ども達の生活

002

一週間の生活

  • (月)手や足、身体の器官を十分に広げ育てる
  • (火)山の探検など自然とのふれあい
  • (水)耳をすまして「聴く」こと
       うた遊び・メルヘンの世界やイメージの世界を広げていく
  • (木)造形・手しごと
  • (金)にじみ絵・表現

 

オイリュトミー003

年10回、福岡の田原真樹子先生をお招きし、オイリュトミーを体験します。 (これまで20年以上に渡ってどんぐりの子ども達の指導をしていただいています)
よいリズム、音楽や詩に合わせて動くことで、身体が心の動きをともなって働くようにうながしていきます。

最近の記事

  1. 2018.1.24

    卒園児の親が語る「どんぐりで育った息子のその後」

    2017年8/19(土)・20(日)メルヘン館にて開催しました「どんぐり自然学校 パネル展」にて、ど...
  2. 2018.1.21

    幼稚園の給食メニューをご紹介します。

    どんぐり幼稚園では、週1回、各家庭から材料を持ち寄り、子どもたちが自分たちの手で給食を作ります。
  3. 椋鳩十祭|鹿児島のシュタイナー学校|NPO法人 どんぐり自然学校

    2016.10.6

    椋鳩十祭に出演した 5・6年生が南日本新聞(10月2日朝刊)で紹介されました。

    どんぐり自然学校の子供たちは、鹿児島の歴史・郷土の学びの一環として鹿児島に伝わる民話を学...

どんぐり自然学校・どんぐり幼稚園 公式facebook