優しい世界(『どんぐり通信』から)

鹿児島のシュタイナー学校|NPO法人 どんぐり自然学校

『どんぐり通信』より、どんぐり幼稚園 親の会会長・島谷有希子さんよりいただいた文章「優しい世界」をご紹介します。


優しい世界

~季節が移りゆく美しい自然の中で~

鹿児島で暮らして、どんぐり幼稚園・自然学校に入って4年半が過ぎました。初めてここに見学に来たときに、経済的なこともあったのですが「生活をやりくりしてでも、ここに子どもたちを通わせたい!」と思いました。

土をふみしめる毎日、季節が移りゆく美しい自然の中に幼稚園はあります。耳をすませると鳥の声、風の音、子どもたちは全身で感じて(鳥になって、木になって、風になって)過ごすことができます。

鹿児島のシュタイナー学校|NPO法人 どんぐり自然学校

「木登り大好き!」小さな幼稚園の森の中で

そして何よりも私を、子どもたちを変えたのは、大人の在り方です。子どもはどういった存在なのか、私がどう在ったらいいかを、先生たちに教わらなければ、手さぐりで迷いながら子どもと接し苦しんでいたことでしょう。私が変われば子どももまわりも変わる、それを身もって体験してきました。どんぐりには感謝しかありません。

先生たち、親の方と心を通わせながらやってきた4年半、私の見ている世界はとても優しいです。

幼児期は模倣の時代と言われています。私の世界が美しく優しさで溢れているなら、私の子どもたちも、そういった世界の見方を模倣するのではないでしょうか。

鹿児島のシュタイナー学校|NPO法人 どんぐり自然学校

人形劇あそび「てぶくろ」

子どもたちは本当に毎日楽しんで通っています。幼稚園で自然界のリズムにのっとった生活をする子どもたち。少ない人数で、先生方に心からの愛を寄せてもらいながら過ごす子どもたちです。こんなすてきな場所が鹿児島にあるのです。

(どんぐり幼稚園 親の会会長 島谷 有希子)


コメントは利用できません。

最近の記事

  1. 2018.1.24

    卒園児の親が語る「どんぐりで育った息子のその後」

    2017年8/19(土)・20(日)メルヘン館にて開催しました「どんぐり自然学校 パネル展」にて、ど...
  2. 2018.1.21

    幼稚園の給食メニューをご紹介します。

    どんぐり幼稚園では、週1回、各家庭から材料を持ち寄り、子どもたちが自分たちの手で給食を作ります。
  3. 椋鳩十祭|鹿児島のシュタイナー学校|NPO法人 どんぐり自然学校

    2016.10.6

    椋鳩十祭に出演した 5・6年生が南日本新聞(10月2日朝刊)で紹介されました。

    どんぐり自然学校の子供たちは、鹿児島の歴史・郷土の学びの一環として鹿児島に伝わる民話を学...
どんぐり自然学校・どんぐり幼稚園 公式facebook
寄付のお願い